生田ランドセル

生田ランドセルとはABOUT US

はじめまして、
ランドセル工房生田です

小学校の6年間という、かけがえのない時間を共にするランドセル。
時とともに、その表情を変えていく本革にこだわり、丈夫で、美しく、
使いやすさと安全に配慮したランドセルを、熟練した職人の手で、この工房で作っています。

私たちはお客さまとの「つながり」を大切にしています。
安心して来ていただけるお店・工房作りだけではなく、お客さまの想いを、
スタッフと職人がしっかりと受け止めて、皆がつながって、向き合っていく、
そのようなものづくりを目指しています。

ご家族の想いを、一緒にひと針ひと針に込めて。

ご挨拶心を動かすものづくりを

私は、鞄を作り続けている父の背中を見て育ちました。
東京「吉田カバン」に修行のために期間限定で就職。3年間という短い期間でしたが、
創業者吉田吉蔵氏が掲げる「一針入魂」の精神を胸に大阪へ戻り、職人社長だった父の跡を継ぎました。

当時はスーパーダイエーが全国出店を続けていました。入学児童数は240万人となり、猛烈な価格競争の時代でした。
当社も三重県松阪市に工場進出し、大量生産体制を整えました。
順調に生産を進めるも、私の中には常に「これでいいのか」という迷いがありました。
そして、バブル最盛期についに工場生産から撤退することを決断します。
その後、現在の地に熟練職人による「手作りランドセル」のみを手がける工房へとシフトし現在に至ります。

ものづくりの精神を持つ職人たちが、当社の最大の財産です。
デザイン性、軽さ、耐久性、機能性、安全性、防犯性への配慮など、お客様のニーズは多岐に渡ります。
それらを満たすためには、職人の手で一つひとつ作っていくことがベストだと信じています。
お客様の顔が見える理想の工房であり続けられるように、日々職人・スタッフ全員で取り組んでいます。

ランドセル工房 生田

受賞歴

  • コードバンPremium匠

    コードバンPremium匠

    平成17年
    かばん創作技術
    ファッションコンクール
    大阪府商工労働部長賞

  • Bonjour hana

    Bonjour hana

    平成19年
    かばん創作技術
    ファッションコンクール
    大阪市長賞

  • オリジナル和柄ランドセル

    オリジナル和柄ランドセル

    平成21年
    かばん創作技術
    ファッションコンクール
    大阪市長賞

  • KOBA hana

    KOBA hana

    平成25年
    かばん創作技術
    ファッションコンクール
    大阪市長賞

  • 雅 ~十二単~

    雅 ~十二単~

    平成27年
    かばん創作技術
    ファッションコンクール
    大阪市長賞

  • 大人のランドセル3WAY

    大人のランドセル3WAY

    平成27年
    かばん創作技術
    ファッションコンクール
    大阪商工会議所会頭賞

会社概要

社名
株式会社 生田
ショップ名
ランドセル工房 生田
住所
544-0011
大阪市生野区田島6-2-16
TEL
06-6757-6723
FAX
06-6757-6760
Mail
info@randsel.jp
代表者
長井 宏治
創業
1950年
会社設立
2007年4月3日
資本金
1,000万円
業務内容
ランドセルの製造・販売
所属団体
社団法人日本かばん協会
大阪鞄協会
大阪府鞄工業組合

沿革

1950年
創業者・生田正雄、生野区にて鞄製造を開始
1969年
生田達夫、生田商店に入社
三重県松阪市へ工場移転
1984年
生野区へ拠点を戻す
2007年
株式会社生田発足
2015年
店舗に併設して
「手作り工房」を新設